無料で楽しめるアニメ動画やマンガ作品の情報を発信しています。ゆっくりしていってね!

波よ聞いてくれ【5巻】のネタバレと感想。波の智慧派がヤバすぎる。

現在「月刊アフタヌーン」で連載中の沙村広明「波よ聞いてくれ」5巻の紹介です。

 

北海道で素人ながらラジオのDJを担当することになった主人公・鼓田ミナレと彼女の周りで起きる恋愛模様や事件をコミカルに描いた作品となっています。

 

波よ聞いてくれ【5巻】のあらすじとネタバレ

久連子の取材旅行に同行することになったミナレと瑞穂。

今回の行先は北海道の寒村・和寒町でした。

 

和寒に到着したミナレ一行を出迎えたのは、美人で巨乳の穂隠。

穂隠は久連子と会話が弾み、久連子の小説の読者でもありました。

 

劣勢に立たされた瑞穂と、瑞穂を懸命に応援するミナレですが、思いは届きません。

穂隠の実家に取材に向かうことになった一行は、途中で巨大な穴に落ち、罠にかかります。

 

実は、穂隠はある宗教法人の手先であり、その宗教法人が作成した番組を藻岩山ラジオで流すという目的があったのです。

 

宗教法人「波の智慧派」は、もともとは東京のテレビ局で働いていた代表・トリキュミア花輪が現在のテレビ局やラジオ番組に怒りを持ち、テレビ局勤務経験を持つ穂隠を勧誘して造られた宗教です。

 

トリキュミア花輪はミナレ達を歓待しながらも、番組を流すという回答をしなければ施設からは一歩も出さないと決め、ミナレ達は和寒町の施設に監禁されてしまいました。

 

仕方なく、「波の智慧派」の話し手の女性であり、記憶喪失中のロティオンと番組制作を行うミナレ達。

 

今回の「波よ聞いてくれ」は、和寒のスタジオからの放送ということにして、ロティオンとミナレが台本通りに放送を行うことで乗り切ります。

 

放送後ミナレは、信者達のある会話を耳にします。

 

意味を久連子に確認すると、どうやら制作予定の放送が特殊な周波数・音域を持って制作されており、人間を扇動する力がある可能性があることがわかります。

 

危機感を感じたミナレは深夜、窓口から施設を逃亡するも信者に捕まってしまい、再び戻されたのちに久連子から渡された原稿を読み上げます。

 

その音声は久連子によって、藻岩山ラジオに送信されました。

 

ラジオ局で久連子のメールを受け取ったミキサーの甲本は、文面から異変を感じ取り麻藤を呼んで音声を再生させます。

 

音声には細工が施してあり、「助けて」の音声が入っていました。

 

ラジオを聞いていたミナレの隣人・沖は放送を聞いて、番組内で紹介されたロティオンが自分の探していた恋人であることに気づき、突如藻岩山ラジオに押しかけます。

 

そこにはちょうど、ミナレへの携帯電話が繋がらないと心配でかけつけた中原もいました。

 

ミナレに恋する中原、瑞穂を愛する甲本、そしてロティオンこそ探していた恋人だと確信する沖は三人で、車で和寒に救出へ向かいます。

 

波よ聞いてくれ【5巻】の感想。久連子がかっこいい!

前回までは札幌をメインとしたお洒落な話という部分があったのですが、今回は一転して北海道和寒町の宗教施設という何とも奇妙な話になっています。

 

恋愛要素は多くありませんが、コメディ要素は一層強くなり「音で人を支配する」という宗教法人「波の智慧派」からしておかしい設定です。

 

監禁生活とは思えないミナレの緩さと、穂隠というライバルにやきもきする瑞穂が見ていてとても楽しい巻となっています。

 

久連子は今回のキーパーソンですが、放送作家が長いという経歴から穂隠や教祖・トリキュミア花輪とも対等に話をつけることが出来る、強い一面も伝わってきます。

 

決してポジティブな姿勢ではありませんが、ミナレの音声を使用してラジオ局に助けを求めるという作戦まで完璧にこなすのは、さすがというところでしょう。

 

瑞穂が思いを寄せてしまうのもわかる、という部分が伝わります。

 

一方で突如藻岩山ラジオに集結した、男性3名はそれぞれ片思い中です。

 

お互いに報われない間柄ということもありますし、今後男性同士の友情が芽生えたりするのかもしれません。

 

とにかく思わぬ所でピンチを迎えてしまったミナレ達をどう助けるのか。

 

そして「波の智慧派」の音波攻撃を防ぐことは出来るのかが、次回の気になるポイントとなります。

他のマンガも無料で読んでみたい?

そんな時は…

スポンサードリンク