無料で楽しめるアニメ動画やマンガ作品の情報を発信しています。ゆっくりしていってね!

メイドインアビス【9巻】ネタバレと感想。ファプタのそすがカワイイ

本記事では、つくしあきひと作『メイドインアビス』9巻のあらすじ(ネタバレ有り)と感想を紹介しています。

 

ジュロイモーの正体が明らかになったり、ファプタの正体(身体の一部?)が何か大事なアイテムになりそうな予感がする本巻です。

 

関連記事

竹書房の「WEBコミックガンマ」で連載中、つくしあきひと作「メイドインアビス」8巻のネタバレと感想を紹介します。   未知の大穴アビスに挑む少年少女たちの冒険ファンタジーで、美しい絵柄と奇妙な生き物たち、そしてハードな[…]

メイドインアビス9巻のあらすじ

 

イルミューイの成れの果ての姿が「村」であることを知ったリコ一同。

レグはファプタと出会い、その身体の一部分をもらい受けます。

 

村に戻る途中、レグはファプタと「約束」について話をしました。

 

レグが深界6層に戻ったときに叶えるファプタの願い、それは「村の入り口を破壊する」ことだったのです。

 

ためらいつつもレグは村に戻り、リコと合流します。

存在するはずのない価値に村人たちは怯え、「三賢」のひとりジュロイモーは突然レグに襲い掛かります!

 

ジュロイモーは村の「精算」と合体し、さらに巨大化。

レグはファプタの一部を守りながらの、苦しい戦いを強いられます。

 

そしてついにジュロイモーがファプタの一部を手に入れた時に、レグは「火葬砲」を使う決意をするのです。

 

一方、騒ぎを聞いて目覚めたナナチは、意外な真実をベラフから打ち明けられるのでした。

 

「成れ果て村」編がついに佳境を迎えます。

 

リコ、レグ、ナナチは合流できるのでしょうか?

そしてファプタとの「約束」の行方は?

 

ネタバレ・ストーリーの流れと結末について

ここでは、メイドインアビス9巻のストーリーの流れ(ネタバレ)を紹介しています。

 

「村を滅ぼす手伝い」こそレグとファプタの約束!

ファプタの身体の一部をもらい受けたレグ。

レグは献身的なファプタの行動に驚き、自分との「約束」の内容を尋ねました。

 

ファプタの悲願は、母イルミューイを永遠の眠りに導くこと

つまり「村を滅ぼす」ことだったのです。

 

しかし、ファプタはレグが優しい性格であることを見抜き、「手伝いをしてほしい」とお願いしたのでした。

 

ファプタの身体では村に入ることは出来ません。

そのため、レグの「火葬砲」で入り口を破壊し、ファプタを村に入れるようにすることが、約束だったのです。

 

複雑な心境のまま、ファプタと村の入り口で別れるレグ。

リコと出会い、ファプタの一部を手に入れたことを明かします。

 

リコは村の破壊を止めて欲しい、とレグに告げます。

それは、リコにとってこの村の住民の考えが、オースでいた時よりも自然に受け止められたからです。

 

ヴェコはファプタの一部をそのままベラフのもとに持っていくのは危険だとレグに告げます。

ショックを起こす可能性があるからです。

 

しかし、突如そこに「三賢」ジュロイモーが現れます!

 

「三賢」ジュロイモーの正体はヴェコの思い出だった!

ジュロイモーは「精算」の泥と合体し、巨大化しながらレグに襲い掛かります。

 

ヴェコはワズキャンにジュロイモーの謎について尋ねました。

ジュロイモーとは、ヴェコの奴隷時代の主人の名前だったのです。

 

ワズキャンによると、塞ぎこむヴェコのためにイルミューイが作り出したのが、あのジュロイモーという怪物でした。

 

そのため、ジュロイモーは「精算」を受けることがなく、レグをどこまでも追い詰めていくのです。

 

ジュロイモーの被害がついにリコ達にまで及んだとき、レグはついに「火葬砲」を使用します。

ジュロイモーは飛散し、ファプタの一部も取り戻しました。

 

ところが、村の入り口は「火葬砲」によって破壊され、ついにファプタが村の内部に入ってきたのです。

 

ファプタ、ついに村に入る。そしてナナチ、目覚める。

ちょうどベラフのもとでは、ナナチが外の音を耳にして目を覚ましたところでした。

 

目を覚ましたナナチの胸に去来するのは、何故かヴェコとイルミューイ、そしてガンジャ隊の思い出です。

 

特にヴェコとイルミューイの思い出は、まるで自分とミーティをナナチに思い起こさせました。

 

ベラフはナナチに「自分の記憶を引き継いでほしいため、煙を吸ってもらった」と告白します。

そしてナナチに、ファプタが訪れたためこの場所から脱出するようにすすめたのです。

 

ナナチはベラフに礼を言い、ミーティを連れて立ち去ろうとします。

 

しかし、ベラフによって告げられたのは「この部屋の結界から出れば、ミーティは再び消えてしまう」というものでした。

 

村によって造られたミーティは、村の中でしか生きられないのです。

残るか、進むかで悩むナナチ。

 

しかし、ミーティの「魂をアビスに還す」約束を思い出し、ナナチは再び歩き始めます。

手元に消えゆくミーティを感じながら、ナナチはリコ達の元へ急ぐのでした。

 

ファプタとレグの戦い。ファプタはレグとの思い出を話し出す……

「火葬砲」の使用で昏倒したレグが目覚めると、そこにはファプタのしもべ、ガブールンに守られたリコ一同がいました。

 

ファプタの身体は村によって再生され、彼女はすでに大勢の村人を殺しています。

 

このままではナナチや村人全員が殺されてしまう、そう判断したレグは、リコと作戦を立ててファプタのもとに立ちふさがったのです。

 

戦いの中で、ファプタはレグが忘れてしまった記憶を語ります。

ファプタとの出会い、レグのゴーグルをもらったこと、レグの「ハク」を探すためレグはアビスの上層を目指さねばならないこと、そしてファプタとの別れ……

 

レグと戦うファプタは、レグに何度も「思い出せ」と言います。

ついにレグはリコに合図を送り、プルシュカの笛の音でレグの力を引き出すことに成功します。

 

「石の音の子をファプタに向けたな!」とファプタは怒り、第6層に入ったときにプルシュカを奪い、絵にイタズラ書きを残したのは自分であることを告白しました。

 

石の音の子を見れば、レグは必ずファプタを思い出すはずだった!

ファプタは悲痛な叫びを上げ、レグに襲いかかります。

 

レグの胸に去来するのは、ファプタの笑顔ばかりでした。

レグはファプタをとらえ、「どうすれば君を止められる」と涙を流します。

 

ファプタはレグの優しさに感動しながらも、彼の首を締め言います。

「レグは優しいそすな。だが、愚かそす」。

 

関連記事

竹書房のWEBコミックサイト「WEBコミックガンマ」で好評連載中の「メイドインアビス」に登場する人物たちについてまとめました。   「命」がテーマとなるエピソードも多く含まれている本作は、魅力的なキャラクターがいっぱい[…]

メイドインアビスのキャラクターまとめ

 

感想【ファプタがかわいそうでつらい】

メイドインアビス9巻はエグさ低めで、泣き所が多し!

ファプタの決意が村人を襲います。

 

地上よりも「居心地の良い」村と言うリコ。強い。

ファプタが襲撃をしてくることや、村の成り立ちをヴェコに聞いたリコですが、彼女はこの村を一層愛おしく思います。

 

それは、「どこまでも冒険したい」と考える人々が、この村にはたくさんいたからです。

 

リコはオースの町では、異端でした。

冒険への熱意が誰よりも強すぎたのです。

 

しかし「成れ果て村」は全員が元・冒険者たち。

そのため、リコの思いを笑う者は誰もいませんでした。

 

そのためリコは、ファプタの気持ちを知りつつも村を守りたいとレグに伝えます。

 

リコは度重なる怪我や命の危険を乗り越えてきましたが、このアビスへの熱意は本物ですね。

そのまっすぐな心は、読者の心を強く打ちます。

 

ファプタの強さが段違い!でも心はとても乙女でかわいい……

村に入ったファプタは、「お前たちの 存在を許さぬ」と村人たちを次々と手にかけます。

 

自由自在に伸縮する身体は、村人の身体を外からも内部からも引き裂き、とても村人の力では対抗できません。

 

目の色は変わり、気持ちの荒れ果てたファプタ。

しかしレグとの回想シーンでは、幼いファプタがレグにひかれていく様子が描かれており、心を痛ませます。

 

レグとの思い出は良いものばかりです。

 

ガブールンを直してもらったことや、ゴーグルをもらったこと、言葉を教えてもらったことなど、ファプタはレグの目的さえなければ、いつまでも一緒にいてほしかったでしょう。

 

別れの際にファプタは、レグに結婚をしてほしいこともほのめかしています。

 

しかし、戻ってきたレグは自分よりも大切な「ハク」を連れ、ファプタのことも約束のことも全て忘れていました

 

ファプタにとって、どれほどつらいことだったでしょう。

そして今、レグはファプタの悲願であった村の破壊すら止めようとしています。

 

悲願の達成か、レグへの思いか。

ファプタはこれから大きな選択を迫られそうです。

 

回想はとてもつらいので、いつもはエゲつない戦闘シーンがマイルドに感じられます……。

 

復活したナナチ!リコとの合流はいつになる?

ナナチはようやく復活しました!

しかもベラフの記憶を引き継ぎ、成れ果て村の成り立ちを彼女も知っています。

 

ミーティと再会しては別れる、を繰り返しているナナチを見ていると「作者は鬼だ」と感じますが、果たしていつかはミーティの魂が本当に還ってくるのでしょうか。

 

さて、「成れ果て村」編もついに終盤を迎えそうですが、気になるポイントがあります。

 

それはリコがワズキャンに言った言葉です。

 

リコはワズキャンに、自分にもう一度揺籃の卵を使わせ、村の人々を旅出来るよう願いをかけるつもりなのでは? と鋭い質問をします。

 

ワズキャンは否定しませんでした。

 

ワズキャンも、ボンドルドも「旅のためならあらゆる犠牲を厭わない」人種です。

そして、それはリコも同じでした。

 

となると、ファプタの一部は何か重要なアイテムになりそうですね。

物語がどう進むのか、10巻が楽しみです。

他のマンガも無料で読んでみたい?

そんな時は…

スポンサードリンク