無料で楽しめるアニメ動画やマンガ作品の情報を発信しています。ゆっくりしていってね!
メイドインアビス深き魂の黎明の結末やネタバレ

【映画】メイドインアビス 深き魂の黎明|感想と結末。ネタバレあり!

メイドインアビス深き魂の黎明」は竹書房のWEBコミック「WEBコミックガンマ」で連載中のつくしあきひと氏作の劇場版です。

 

アニメ版の直接の続編として描かれており、ナナチ加入後のリコ達がたどる第5層の旅の工程が描かれています。

 

途中、全国規模で4DX上映も決定したヒット作品となりました。

 

今回は、【メイドインアビス深き魂の黎明】動画を見た感想と結末(ネタバレ)について解説していきたいと思います。

エレ子さん
公開前の期待を上回る出来で、人気が急上昇した作品です!

 

メイドインアビス 深き魂の黎明|あらすじ

最もエグいと呼ばれる「ボンドルド登場編」がスクリーンで楽しめます。

 

物語は、アニメ版「メイドインアビス」の続編となっており、コミックでは4~5巻の内容が描かれています。

 

第4層でナナチが加入し、黎明卿ボンドルドが管理するという第5層の前線基地(イドフロント)に向かうリコ一行。

 

しかしそこに現れたのは、お転婆なひとりの女の子でした。

彼女は「ボンドルドの娘」と名乗るプルシュカという女の子で、リコと意気投合します。

 

そして現れるするナナチとミーティの仇・黎明卿ボンドルド。

そこでリコ一同は、ボンドルドの恐ろしい秘密と白笛の謎について知ることになります。

 

物語の最後はどうなる?結末について(ネタバレあり)

ネタバレを含みますので見たくない方はスルー推奨

タップすると開きます。
不屈の花園と祈手(アンブラハンズ)

第4層「不屈の花園」を訪れた一行は、深界5層の黎明卿・ボンドルドの手先の「祈手(アンブラハンズ)」と遭遇します。

 

彼はこの一帯に巣食うクオンガタリという寄生虫を焼き払いに訪れたのです。

 

さらに祈手はリコ達がなくしたはずの「無限鎚」をレグに渡すと共に、「黎明卿はきみたちに会うのを心待ちにしている」と言いました。

 

すでにボンドルドは、リコ達の動きに気づいていたのです。

祈手たちが焼き払う「不屈の花園」からリコ達は脱出し、第5層に向かいます。

 

前線基地の少女と黎明卿・ボンドルド

深界5層、「なきがらの海」はアビスの中でも最も広大な海を持つ層です。

5層に到着したリコ達は、氷の道を辿りながらボンドルドの前線基地へ向かいます。

 

前線基地前でリコ達を待っていたのは、巻き毛の可愛い女の子でした。

彼女は自分をボンドルドの娘であり、プルシュカという名前だと言うのです。

 

そして現れた黎明卿ボンドルドは、意外にも喜んでリコ達を基地に向かい入れます。

 

ボンドルドの話によると、第6層へ向かうためには「白笛」が必要となり、「白笛」は持ち主自身の力でなければ起動しない、といいます。

 

リコの持つ「白笛」の場合、ライザでなければその力を発揮しません。

 

ここまで来て……と落ち込む3人を見たボンドルドは、一夜の宿を提供し、今後どうするかをよく考えることを勧めます。

 

プルシュカの案内で前線基地の宿泊部屋に案内された3人。

リコとプルシュカは意気投合し、すっかり打ち解けた様子です。

 

ナナチとレグは早めに就寝し、明日の旅に備えることにしました。

 

プルシュカとリコの冒険、前線基地からの脱出

深夜、リコが目覚めるとそばにいたはずのレグとナナチの姿がありません。

ふたりの姿を探すリコですが、どの部屋にもフロアにも、ふたりはいませんでした。

 

探していない場所は、上昇負荷がかかる階段だけです。リコは意を決して、階段を登ります。

しかしここでアビスの「呪い」を受け、リコはダメージを受けてしまいました。

 

傷ついたリコを助けたのは、プルシュカでした。レグとナナチが見つからない、と訴えるリコ。

プルシュカもフロア全体を探してくれましたが、ふたりは見つかりません。

 

プルシュカはリコの傷の手当をしながら、自分のペット・メイニャの匂いをたどることで階段を登ることが出来ると言います。

 

リコと共にプルシュカも階段に登り、レグとナナチの捜索を続けます。

ナナチはボンドルドのもとにいました。

 

研究の優れた助手であるナナチに基地に戻ってきてほしいと言うボンドルド。

 

それに対しナナチは、自分が基地で働く代わりに、レグとリコを6層へ無傷で送ってほしい、と条件を出します。

 

しかし、すでにレグは「祈手」たちによって研究所に連れ去られていました。

全身を拘束されたレグは、実験によって、腕を切断され腹部に深い傷を負います。

 

響き渡るレグの悲鳴を耳にしたナナチは、すかさずレグのもとへ駆けつけました。

同時に、リコとプルシュカも階段からレグのいる研究室へ辿り着きます。

 

プルシュカは怒り、パパに言いつけてやると「祈手」たちに言います。

その隙を見てナナチはレグの拘束を解除、そのままリコたちと研究室から逃げ出しました。

 

プルシュカは3人が基地から逃げる手引きをし、リコたちと別れます。

「リコ、本当は私、一緒に冒険に行きたいんだ!」という言葉を残して。

 

カッショウガシラのコロニーにて

基地を逃げ出したリコ達は、「なきがらの海」の端にある砂漠地帯に隠れていました。

一行を追いかけてきたボンドルドの前に、ナナチは姿を現します。

 

そう、ここでボンボルドを倒すためにリコ達は罠を張って待っていたのでした。

実はここは、巨大サソリ「カッショウガシラ」のコロニーだったのです。

 

カッショウガシラの捕食によりボンドルドの「祈手」たちは全滅したものの、ボンドルドは自分の能力である「枢機へ還す光(スパラグモス)」を使用して、カッショウガシラを滅し、コロニーを脱出します。

 

そこでさらにレグがボンドルドに追い打ちを仕掛けました!

レグはボンドルドの光線、スパラグモスを使用出来ないよう海中にボンドルドを放り込みます。

 

自らも海に潜り、最深部までボンドルドを引き込んだレグは、急上昇することで、ボンドルドに上昇負荷による大ダメージを与えることに成功します。

 

わずかな呼吸となったボンドルドの上に巨大な岩を落とし、息の根をとめたレグ。

 

しかし、突如物陰から飛び出す少女がいました。プルシュカです。

プルシュカはボンドルドの亡骸に泣きつき、離れません。

 

すると、プルシュカのそばにいた「祈手」のひとりがボンドルドの仮面をはぎ取り、自分の顔に装着しました。

 

その途端、「祈手」はボンドルドとして復活したのです!

ボンドルドの復活をプルシュカは素直に喜びます。

 

ボンドルドはプルシュカを眠らせたあと、3名に再度基地に来るよう誘い、姿を消しました。

 

再度、前線基地にて

プルシュカが目覚めたとき、彼女は研究室に寝かされていました。

プルシュカはボンドルドに自分の長年の願いである「夜明けが見たい」ことを伝えます。

 

ボンドルドはそれを了承すると、プルシュカに手術を施していくのでした。

一方でリコ達は蘇ったボンドルドの秘密を探り出します。

 

その結果、ボンドルドが使用しているのは、自分の人格を他人に植えつけることが出来るアビスの遺物「精神隷属機(ゾアホリック)」ではないかと推測することが出来ました。

 

この説を基に、3人は再び作戦を考え、前線基地へと向かいます。

まずレグが前線基地の動力源がある地下に潜り、全ての電力を奪い取りました。

 

しかしその電気ショックは、レグの中に眠る何かを呼び出してしまったようです。

レグの体は黒い煙を身にまとい、目に怪しい光が浮かびました。

 

リコとナナチはボンドルドの基地前から侵入、レグが電気のエネルギーを吸い取ったことで照明が消えたところを狙って侵入を開始。

 

途中、2人はメイニャに出会い、後を追いかけます。

そこは、先ほどまでプルシュカがいた「加工部屋」でした。

 

ナナチは「加工部屋」で行われている真実をリコに語り始めます。

 

ここで行われている手術とは、子どもたちを、生きたまま解体し頭と背骨のわずかな部分だけを箱詰めすることでした。

 

その箱が、「呪い避け」として使用されるカートリッジの正体だったのです。

ナナチはこの実験も手伝わされ、恐怖に震えていたのでした。

 

この恐ろしい真実を知ったリコの前に、ボンドルドが現れます。

そして彼は更なる恐ろしい真実を伝えます。

 

それは、「白笛の材料は人間である」ということです。

白笛の「命が響く石(ユアワース)」は人間の命が原材料の遺物でした。

 

その時、巨大な振動と爆音が部屋を襲いました!

地下からレグが現れたのです。

 

レグとボンドルド、最後の戦い

ナナチはレグの様子がおかしいことに気づきますが、レグがボンドルドと対抗できる力を持ったことに驚きます。

 

リコはメイニャが再び部屋を移動したのを追いかけ、さらに建物の奥へと進みました。

 

ボンドルドを圧倒していたレグですが、ボンドルドの特殊能力「月に触れる(ファーカレス)」の放つ網に捕まってしまい、身動きが取れなくなります。

 

途端にレグは、自分のエネルギーを圧縮し、爆発を引き起こそうとしました。

危険を感じたナナチは捨て身でレグを抑え、レグは正気に戻ります。

 

別室のリコも無事、ゾアホリックを見つけたとナナチに連絡し、レグの腕も見つかったことをリコは告げました。

 

2人はリコの元へ向かおうとしましたが、残っていた「祈手」がレグを奈落の地下へ落としてしまいます。

 

レグの落下した場所は、「成れ果て」の箱庭でした。

ボンドルドが現れ、この成れ果てたちにはかつて全員に名前があったと言います。

 

ここでならフルパワーで戦えると考えたボンドルドは、特殊能力を使いレグを捕獲しようと考えたのです。

 

ボンドルドのエネルギーを消耗させるために、逃げ回る作戦に出たレグ。

必死で地上へ駆けあがる彼を、ボンドルドが追跡します。

 

上昇するボンドルドの肉体は次第に体毛が生え、尻尾が飛び出し、手にはカギヅメが現れました。

ボンドルドにも、アビスの「祝福」が出現したのです。

 

さらにボンドルドの背に積み込まれた箱、「カートリッジ」が、次々と落下していきます。

地上にレグがようやくたどり着いたとき、再びボンドルドの背からひとつの箱が落ちました。

 

「プルシュカ」。

ボンドルドはその箱を確かに愛娘の名前で呼んだのです。

 

プルシュカの最期の姿

プルシュカがすでに「カートリッジ」にされたことを知った3人。

リコはたまらず泣き叫びます。

 

哀しみと悔しさからレグとナナチは作戦を続行、ついにボンドルドを追い詰めます。

しかし、火葬砲を撃ち尽くしたレグは、すでに意識が消える寸前でした。

 

レグはとうとうボンドルドに捕獲されてしまいます。

最後の火葬砲をレグが脚部から放ちます。ボンドルドはそれを上手に躱しました!

 

ところが、その先には外されたレグの片腕を持つリコの姿が!

レグの腕から放たれた火葬砲によって、ついにボンドルドは倒れます。

 

リコとメイニャは素早くプルシュカの「カートリッジ」に駆け寄り、その命を救おうとしますが、すでにプルシュカの命は消えかかっていました。

 

プルシュカと共に第6層へ

レグが昏睡から覚めたとき、プルシュカの中身は全てこぼれ落ちてしまいました。

しかし、「カートリッジ」内部には白い結晶だけが残っていたのです。

 

リコが結晶を手に取ると、美しい音が周囲に響き渡り、レグの傷が治癒されました。

プルシュカのリコを慕う強い心は、プルシュカを「白笛」に変えたのです。

 

ナナチはリコに、それがリコ自身の「白笛」だと告げ、プルシュカを革でそっと包みます。

 

自らの「白笛」を手にしたリコ。

3人はこうして前線基地から深界6層への移動が可能となりました。

 

その旅には、もちろんプルシュカも同行するのです。

 

感想|健気なプルシュカに泣ける…鬼畜ボンドルドはやはり人気

プルシュカが非常に良いキャラクターでした。

健気で可愛いところや、ボンドルドを慕う気持ちが際立っているからこそ、「カートリッジ」となった彼女の姿は涙を誘わずにいられません。

 

初日こそ封切りされた映画館は少なかった劇場版ですが、上映されると「ぴあ」の満足度ランキングにまでランクインするようになり、上映される映画館は突如増加しました。

 

さらに4DX劇場版まで作られたのですから、内容のレベルの高さがうかがえます。

 

最後には第6層へ向かう祭壇にまで向かい、リコ達を乗せた乗り物がエンドクレジットに映し出されるという演出も良いものでした。

 

アニメ版は今後も制作される予定だそうで、今後も内容に期待が出来ます。

劇場で見る「メイドインアビス」は迫力があります。

 

その中でボンドルドの実験が表現されるのですから、見ていてとても痛くなるシーンもありました…。

 

レグは何度も刺されたりしていますし、リコも呪い針などでダメージを受けていますから、思わず見ていて「痛い!」と感じてしまいます。

むかわ
プルシュカにいたってはもう…

 

原作に忠実に再現されている作品ですが、いかんせんアニメ版の続編、コミックでいうところの4巻から5巻の話なので、「メイドインアビス」初心者さんにはあまりおすすめできない部分も正直、あります。

 

まずはコミックをせめて3巻まで読んだ上で劇場版を見るとスムーズに内容が理解できるのではないでしょうか。

 

実は劇場版のパンフレットには、ボンドルドが何故「彼女を解放する」と発言したのかが掲載されています。

 

プルシュカの魂そのものが肉体を失い、ボンドルドとの冒険の中で解放された、という解釈となるのですが…ボンドルドにとっては良いのかもしれませんがちょっとこちらでは納得しかねます。

 

「メイドインアビス」の物語はまだ続きます。

プルシュカの「夜明けが見たい」という願い、かなえてあげてほしいですね。

 

第6層はさらに大変なことになりそうです!

他のマンガも無料で読んでみたい?

そんな時は…

スポンサードリンク