無料で楽しめるアニメ動画やマンガ作品の情報を発信しています。ゆっくりしていってね!

ドロヘドロ【22巻】のネタバレと感想。ニカイドウとアスが死亡?

小学館ビックコミックスピリッツ雑誌で連載された林田球の漫画「ドロヘドロ」22巻の内容を紹介します。

 

頭部だけトカゲになる魔法をかけられた男・カイマンが自分の本当の姿を探す物語で、人間・魔法使い・悪魔など個性的な人物が多数出演するのが魅力のポイントです。

 

前巻の話

ビックコミックスピリッツ系列雑誌で連載された「ドロヘドロ」21巻の紹介です。   主人公・トカゲ頭のカイマンが自分の本当の姿を取り戻すダークファンタジーとして人気があります。   カイマン以外の個[…]

ドロヘドロ【22巻】のあらすじとネタバレ

悪魔チダルマの目論見通り、ホールの廃棄湖からホールくんが誕生します。

ホールくんの目的はただひとつ、魔法使いを全員殺す事。

 

そのため医師バウクスの病院に身を寄せていた煙ファミリーの手下は、全員殺されてしまいます。

 

一方、アスの瞬間移動能力でホールくん内部から逃げ出すことが出来たカイマン達。

 

ニカイドウは時間をさかのぼる魔法でカイマンが生き返ったと推測し、自らがホールくんと戦うことを決心します。

 

ホールくん、大暴れ。そしてカイマン復活!

悪魔チダルマが見守るそばで、ホールくんは廃棄湖から這い上がり魔法使いを殺すために煙ファミリーの手下を探し出します。

 

バウクス医師の病院に部下たちは逃げ込みますが、ホールくんは魔法使いの弱点である雨を降らせ、全員殺してしまうのでした。

 

ホールくんの内部から脱出したアス、ニカイドウ、カイマンは何故カイマンが復活したのか、そしてホールくんを倒す方法はないのかを考えます。

 

そうしている間に、ニカイドウの悪魔化は進行し、ついに巨大な悪魔に変貌してしまいました。

 

ニカイドウはそこで、自分の悪魔の姿がかつて目にしたことのある悪魔と同じであることに気づきます。

カイマンを復活させたのは、おそらく未来の自分だろうとニカイドウは予測するのでした。

 

ニカイドウ、ホールくんと戦うことを決意する

カイマンが手にする「ストアの包丁」はこの世のものを何でも切り裂く力があります。

 

ニカイドウは自分が魔法使いであるからには、やがてこの「悪魔の動く家」にもホールくんがやってくると予想。

 

そのときに、カイマンを戦わせるのはおそらく敗北に繋がる、と考えます。

 

未来の自分がカイマンを復活させたのは、おそらく意味があったからであろうと考えたニカイドウは、カイマンに「ストアの包丁」を自分の渡すように迫ります。

 

仕方なくカイマンはニカイドウに包丁を渡し、ニカイドウはホールくんに戦いを挑みます。

 

ニカイドウVSホールくん、そして効果の切れる悪魔ボックス

ホールくんの前に現れたニカイドウ。

「ストアの包丁」を自由に使いこなせる彼女は、ホールくんを圧倒します。

 

しかしホールくんは再びニカイドウの上に雨を降らせ、彼女を弱らせます。

 

ニカイドウのピンチにカイマンは「家」を飛び出しますが、間に合うことが出来ずニカイドウはホールくんに飲み込まれてしまいました。

 

怒ったカイマンは「家」を飛び出しますが、ホールくんにドロを浴びせられそのまま倒れてしまいました。

 

カイマンを救うべくアスは再び移動魔法を使おうとしますが、そのとき背後から再びニカイドウが戻ってきました。

 

未来からのニカイドウが戻ってきたのです。

2人で瞬間移動を行い、「悪魔の家」へ戻ります。

 

到着した瞬間、ニカイドウの悪魔ボックスはひび割れ、マスクも剥がれ落ちてしまいます。

ニカイドウの魔法が全て使い果たされてしまったのです。

 

ニカイドウとアスの最後

ニカイドウはアスに、自分が悪魔の資格を失ったこと、それでもホールくんは自分たちを殺しにやってくることを告げます。

 

時間の魔法を使えるニカイドウは、未来を見た自分がカイマンしかホールくんを倒せないと知ったため、カイマンを復活させたはずと信じたのです。

 

地面に倒れたカイマンは、ホールくんの吐くドロを直接被りましたが、魔法使いのように体が崩れることはありませんでした。

 

反対にホールくんのドロをカイマンの体は吸い込んでいったのです。

 

ニカイドウとアスは再びホールくんの近くに移動し、ニカイドウがおとりになっている間に、アスがカイマンを救出するという作戦をたてました。

 

ニカイドウはホールくんを攻撃し、カイマンは意識を取り戻します。

 

その瞬間、アスが近寄りワープを試みましたが、カイマンを守ったニカイドウはホールくんの攻撃を受けてしまいます。

 

ワープした先でカイマンが見たものは、首がないニカイドウとアスの死体でした。

 

ふたりの首はホールくんのツノに串刺しにされ、カイマンは怒りに震えます。

それを一部始終見ていた元・悪魔たちは、カイマンに提案をします。

 

「自分たちを元に戻してくれるなら、お前を強化してやろう」と言うのです。

 

魔法使いカイマンが誕生!

元・悪魔の提案を飲んだカイマンは、最強の魔法使いとなりました。

 

ホールくんは魔法使いを殺すことを目的としているので、まっすぐ「家」を目指します。

 

カイマンは生まれて初めて使う魔法に戸惑いながらも、ニカイドウたちのためにホールくんとの戦いへ向かうのでした。

 

ドロヘドロ【22巻】の感想。ニカイドウ死亡に愕然…。

【ニカイドウまさかのリタイア!魔法使いカイマンの強さはいかに?】

最後に登場した魔法使いカイマン。彼自身の外見は全く変化がありません。

 

ですが強い魔力を秘めた「ギョーザ王の杖」という万能アイテムを持っています。

おそらくこれはカイマンが大のギョーザ好きであることから由来していると考えられます。

 

この「ギョーザ王の杖」は相手を切り刻む、体力を回復するなど万能な力を持っていますが、ホールくんには通じるのでしょうか。

 

ホールくんのドロ攻撃や、雨攻撃は全て魔法使いにダメージを与えるものです。

ホールくん自身の行動は、ひたすら魔法使いだけを追いかけています。

 

つまり、バウクス先生やサーティーンなどの人間はホールくんの攻撃を受けることがないのです。

 

次回が最終巻ということもあって、バトルシーンも魔法と肉弾戦を描写した激しいものとなっています。

 

最初は可愛らしかったニカイドウですが、完全に悪魔化してしまい屈強な人物となってしまいました。

 

その悪魔パワーでニカイドウの時間魔法は何度も繰り返されています。

結果、カイマンを守るためにニカイドウは死んでしまいました。

 

ホールくんはこの世の魔法使い全てを殺すまで勢いが止まりません。

 

カイマンは彼女をよみがえらせることは出来るのでしょうか。

そしてホールくんとの戦いに勝利は出来るのでしょうか。

 

煙ファミリーたちの今後も気になるところで、次回へなだれこみます。

続きはこちら

林田球・作「ドロヘドロ」の最終巻、23巻について紹介します。   「ドロヘドロ」は、2003年から2018年にかけてビックコミックス系列誌に連載された漫画で、主人公であるトカゲ頭の男カイマンが自分の本当の姿を取り戻すま[…]

他のマンガも無料で読んでみたい?

そんな時は…

スポンサードリンク