無料で楽しめるアニメ動画やマンガ作品の情報を発信しています。ゆっくりしていってね!

ダンまち2期3話のネタバレと感想。リリがソーマファミリアから脱退!

いよいよ、最初の山場であるウォーゲームへ向けて物語は進んで行きます。

今回はダンまち2期の第3話、集合(コンバージョン)のご紹介をしていきたいと思います。

 

ネタバレもありますので、あらかじめご了承くださいませ。

メインはリリルカ・アーデ、彼女が見せてくれる強さに、ぜひ注目して欲しいと思います。

 

ダンまち2期3話のあらすじとネタバレ紹介

ダンまち2期3話ネタバレ

リリがソーマファミリアからヘスティアファミリアへ

ベルやヘスティアの為にソーマファミリアに戻ったリリは、ソーマにファミリアの退団を求めるも、全く相手にされることなく、団長のザニスに牢屋に入れられてしまいます。

 

一方、ヘスティアはリリを助ける為に、ヴェルフ、そしてミアハとタケミカヅチのファミリアに協力を求めます。まず先に彼女はウォーゲームの会議に向かいます。

 

決まった方式は攻城戦。あきらかに不利だと感じたヘルメスの助言により、都市外の冒険者であれば助っ人を1人認められることに。

 

ルールも決まり、いよいよリリを助けに行くヘスティア達。

囚われるリリにヘスティアは言います、どうかベルを助けてくれと。

 

想いに応え、立ち上がったリリは再びソーマの元へ向かいます。

 

この争いを止めて欲しいと願う彼女に、ソーマは自分の酒を飲み、それでも同じことが言えるのかと問うてきます。

 

リリは覚悟を決めて酒を飲み干します。揺れる意識の中で、思い浮かぶのはベルの姿。

 

小さな小人族の少女は、今この為に生まれてきたと、戦いをやめさせてほしいと、神の酒に打ち勝ち進言します。

 

その想いに心を動かしたソーマは戦いをやめさせ、リリにヘスティアファミリアへの改宗(コンバージョン)を認めます。

 

遂にリリが加入したヘスティアファミリア。

更に、ヴェルフ、命、リューもベル達の為にウォーゲームへの参戦を決意し、舞台は整っていきます。

 

リリが最高にカッコよかった回

心が動く瞬間というのは、一生懸命な姿を見た時であったり、熱い想いを感じた時であったり、そういった瞬間なのであろうと、改めて思いました。

 

今回は神の心でしたが、神の酒に溺れていく眷族たちに辟易していたソーマは、酒の力を超えたリリに驚き認め、戦いをやめさせます。

 

ソーマが感じたのはリリの強さ。

 

弱かった過去に向き合い、己に向き合い、ベル達の気持ちに応えるために神の酒に打ち勝ったリリ。

 

小さくて弱い小人族の少女が、その強さを見せてくれました。格好良かったです。

 

また、ヴェルフ、命、リューも参戦が決まりましたね。特にヴェルフの言葉。

”友の為に”

 

このセリフは良かったです。

最近は恋愛ものより友情ものに涙を流してしまうことが多いので、ジーンときてしまいました。

 

まとめ

ダンまちはキャラクターの生き様がよく描かれています。

 

あたりまえなのですが、過去があって今がある。その瞬間の感情も数多く表現されていて、キャラクターの想いがとてもよく伝わってきます。

 

さて、今回の第3話、集合(コンバージョン)はいかがでしたでしょうか。

ずっと1人だったベルに正式に仲間ができました。

 

とはいえ、リューさんを含めてまだ5人。

この人数でいかにしてアポロンファミリアとの攻城戦に挑んでいくのか、期待して待ちましょう。

 

他のマンガも無料で読んでみたい?

そんな時は…

スポンサードリンク