ゆっくりしていってね!

ダンまち2期2話のネタバレと感想。アポロンの顔芸(素材)がおもしろい!

ウォーゲームを断ったヘスティアというところから引き続きまして、今回は第2話。

 

太陽神(アポロン)のご紹介をしていきたいと思います。

 

ネタバレ等もございますので、純粋な気持ちで作品をご覧になりたい方は、先に視聴されてから見ていただけたら嬉しく思います。

 

スポンサードリンク

ダンまち2期2話のネタバレとあらすじ

ダンまち2期2話ネタバレ

アポロンのウォーゲームの誘いを断ったヘスティア。
後日、外出しようとした2人はアポロンファミリアからの襲撃を受けます。仲間の力を借りながら逃走するベルとヘスティアではありましたが、次第に追い詰められていきます。

 

その戦いの最中で、仲間のリリは襲撃者の中に所属ファミリアのソーマファミリアの者達がいることに気づきます。同じファミリアのザニスに接触したリリは、ヴェルフに理由も言わずに別れを告げます。

 

また、ベルと逃げていたヘスティアは、君とどこまでも逃げることができると伝え、ベルの気持ちを確認しようとします。しかし、追手の追撃も激しく、ベルの反応もはっきりしないことにしびれを切らしたヘスティアは、アポロンファミリアのホームに向かうことを決断します。

 

アポロンと向かい合うヘスティア。アポロンファミリアの眷族から借り受けた手袋を、アポロンの顔面に投げつけ、ウォーゲームへの参加を宣言するのであった。

 

そしてベルは、強くなるために、より高みを目指すために、憧憬のもとへ向かう…

 

ベルの新たなライバル『ヒュアキントス』

前回から登場していたヒュアキントス。

今回はアポロンファミリアの団長として、ベル達を執拗に追い回します。

 

その力はレベル3、本物です。

今のベルの力では全く太刀打ちができませんでした。

 

ベルのことを少なからず認めてはいるようでしたが、特筆するのはアポロンへの深い愛情…。

 

アポロンの寵愛を受けようとするベルのことが憎くて憎くてたまらないということが、ひしひしと感じられました。

 

アポロンの顔芸が秀逸

ベルに愛情を抱き、どんなことをしてでも手に入れようとしているアポロン。

神の中でも多感な愛情を持つ神様です。

 

絶対的な悪ではないとは思いますが、今回の話の敵役として登場します。

その…

 

顔~ッ!!

 

とても歪んだ笑顔でした(笑)。

顔は高揚し、目は下がり、口元は歪み、何とも言えない悪役感が出ていました。

 

アポロンが戦うことはないですが、時折顔を覗かせ、ストーリーを盛り上げてくれることは間違いないと思います。

 

まとめ

敵方のキャラクター性も明らかになってきたところで、ついにウォーゲームの参戦が決まりましたね。

倒すべき相手はヒュアキントス。ベルの成長に期待していきたいですね。

 

そして、パーティーを離れたリリの行方も気になります。

 

ベルに命だけでなく心も、本当の意味で救ってもらったリリが、またあの感情のない目をしていたことは辛いです。どうなっていくのか…気になりますね。

 

ということで、少しずつ話が展開してきた第2話はいかがでしたでしょうか。

ここまで、お付き合いいただきありがとうございました。この後の展開を楽しみに待ちましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク